藤本匡士の顔画像 盗難車を転売し覚醒剤購入 被害5億

事件

藤本匡士ら男女6人の窃盗グループが逮捕されました。盗難車を転売し覚醒剤購入や生活費にし、被害総額は5億です。藤本匡士の顔画像や他メンバーの情報について調査しました。

スポンサーリンク

藤本匡士や他メンバーの顔画像

*年齢 43歳
*住所不定

顔画像は現在捜査中のため公表されておらず、フェイスブック等でも特定できませんでした。
他メンバーの情報についても
公表されしだい追記させていただきます。

事件の概要

藤本匡士は仲間の男女3人と、おととしからことしにかけて、茨城県や栃木県、それに千葉県など7つの県で、未遂も含めて合わせて553件の自動車盗や車上ねらいなどを繰り返していた疑いがあることが分かりました。
警察によりますと、藤本被告らは盗んだ自動車をヤードと呼ばれる車の解体施設などに持ち込み、一部は海外に転売された疑いがあるということです。
盗まれた自動車は合わせて365台に上り、被害額はおよそ5億円に上るとみられるということで、警察は近く窃盗などの疑いで追送検する方針です。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20180913/1070004104.html
出典: 茨城NEWS WEB

犯行動機は?

「一度にまとまった金を手に入れることができたから」と供述しているということです。
覚醒剤の購入費や生活費にしていたということですがどんな生活をしていたのでしょうか?

事件現場

関東を中心に静岡、福島、茨城県、栃木県、千葉県など7つの県

スポンサーリンク

ネットの声

盗んで売る方も勿論厳罰だが、盗難車を買取る業者にも厳罰を頼みます。

転売ルート潰さないと、イタチごっこになるんだろうなぁ。

夜の広めの公園の駐車場等に
止まっている他県ナンバー車
とか怪しい人達が多いです…

人の車を奪って得たお金は、結局自分の人生を滅ぼすことになる。摘発に時間はかかったが、本当によくこの窃盗グループを捕まえてくれたと思う。

まとめ

かなり広い範囲での犯行で海外に転売ルートがあるなど、規模の大きな犯行です。
その技術と営業力を他にいかせられなかったのでしょうか?

覚醒剤といえば、先日逮捕された高橋祐也の事件がありました。
お金さえあれば、簡単に手に入り、薬物中毒者を量産していると思うと本当に怖いです。

【関連記事☆あわせて読みたい】

スポンサーリンク

コメント