イワシクジラの画像 死因や由比ケ浜に打ち上げられた理由は?絶滅危惧種の大型クジラ

事件

5日午後2時半ごろ、鎌倉市の由比ケ浜海岸で、イワシクジラとみられる体長およそ20メートルのクジラの死骸が打ち上げられました。イワシクジラは絶滅危惧種の大型クジラで主に北海道に生息しています。イワシクジラの画像 死因や由比ケ浜に打ち上げられた理由について調査しました。

スポンサーリンク

由比ケ浜に打ち上げられたイワシクジラの画像

イワシクジラの画像画像がこちらです。

死因や由比ケ浜に打ち上げられた理由は調査中のため公表されておらず、公表されしだい追記させていただきます。

スポンサーリンク

ネットの声

海の生き物が、想定外のところに打ち上げられたりすると、
なんとなく、よくない自然現象の前触れでは? と思ってしまう。

この後、鯨はどうなるの?毎回、同じようなニュースがあるが結末は不明が多いね。

ただでさえ高温で海水浴客も少ないのに、鯨の処理が手遅れになったら、今年の由比ヶ浜が終了してしまうのでは。

何が原因で、本来いるべきところでない場所に、
クジラがたどり着いてしまったのだろう?
台風の影響だとか、高気圧の気候だったりするのかな。
ただ、ただクジラが哀れに思えてならない。

前に内蔵が暑さで腐ってしまいガスがたまり爆発したとニュースがあったので早めに処理をしていただかないと夏場の海水浴場が大惨事になりそうですね。
地球温暖化の影響なんですかね?

コメント