金崎真衣さん 線路転落の男性を救出したのは女子大生 近鉄二上神社口駅

事件について

5月13日、無人駅の近鉄二上神社口駅(奈良県葛城市)で男性がホームから線路に転落。
そこに居合わせた女子大学生が、背負って踏切まで走りました。
その間、駅まで迎えに来ていた母親が、駅の非常通報ボタンを押して、手助けをしていたそうです。
勇気ある親子のファインプレーで、男性の命が救われました。

場所

奈良県葛城市近鉄二上神社口駅

スポンサーリンク




「自分しかいないと思いました」

金崎真衣さん(22) は駅のホームで千鳥足でお酒のにおいがする男性(71歳)とすれ違いました。
改札口と逆方向に歩いているので
迎えに来た母のまゆみさん(51歳)に

「おじいさんが危ないかも」

と話していると、ホームから落ちる男性が見えたそう。

 「自分しかいないと思いました」

金崎さんはとっさ線路に飛び降り男性のもとへ走った。

「大丈夫ですか」

男性に声をかけても返事がなかった。

母親が駅の非常通報ボタンを押し、金崎さんは男性を背負って、ホームの端にある踏切まで約60メートルを走りました。

「体力には自信がありますが、背負って走るのは大変でした」

男性は事なきを得ました。

スポンサーリンク




金崎真衣さんについて

大阪大谷大学人間社会学部4年生の22歳。
バスケットボール部主将

ネットの声

この世の中、いやなニュースも多いですが、こんなニュースを目にするとまだまだ捨てたもんじゃないと思います。
この学生さんの将来に何かいいことありますように!

凄い!素晴らしい!普通はすれ違ってもふり向いて見ないよね?この様な学生さんもいる、大人も見習って欲しいね!お母さんも起点が働きやはりお母さんの血筋か?最近、嫌な事件事故が多いがその分、子供たちがよいニュースを知らせてくれるし行動にも移してくれるね。今時代、もっと大人は世間の常識を子供に見習うべき!政治家もこの様なニュースを言われる様にして欲しいね。ゲスな事が多過ぎる!

素晴らしいですね、でも避難場所が踏切まで無いのも問題ですね、60mを背負って走る体力は見事です。自分の危険も考えないといけませんね、他に誰も居ない中での救出、本当にご苦労様でした。

スポンサーリンク




コメント