河野千賀子(56)滑落死 救助隊員滑落 意識不明の重体 北海道上川町愛山渓

ニュース

事故について

北海道上川町の愛山渓村雨ノ滝付近で、登山をしていた河野千賀子さん(56歳)が滑落し、死亡しました。
消防隊員(32歳)も救助の際現場付近で滑落し、意識不明の重体です。

スポンサーリンク




事故の経緯

江別市江別市ゆめみ野の助産婦、河野千賀子さん(56歳)は夫と一緒に登山をしていました。

23日午前11時20分ごろ、北海道上川町の愛山渓村雨ノ滝付近で河野千賀子さんが滑落しました。

「妻が負傷して歩けなくなった」と夫が119番通報。
道警山岳救助隊と旭川市消防本部がヘリコプターで救助に向かったところ、滝つぼに向かってさらに深い場所に河野さんが滑落しているのが見つかりました。

消防隊員2人がヘリコプターを降りて現場に向かいましたが、このうち上川消防署消防隊員(32歳)が滝の下近くで滑落して頭を強く打ちました。

男性隊員はドクターヘリで病院に搬送されましたが、意識不明の重体です。

河野さんはすでに心肺停止の状態で、搬送先の病院で死亡が確認されました。

現場は、雪が多く残っている場所で
警察は事故の原因を詳しく調べています。

事故現場

北海道上川町愛山渓村雨ノ滝付近

大雪山国立公園上川町愛山渓

雄大な自然をもとめて、シーズンを迎えると多くの登山家がこのコースに足を運びます。
村雨の滝(むらさめのたき)は、垂直にそびえ立つ岩肌の落差30mほどの大滝です。

スポンサーリンク




ネットの声

やりきれないですねぇ・・。登山者は自分の楽しみで危険を承知でやっていることなのだろうけれど・・ 救助にいく人たちをも巻き込むことに疑問を感じて仕方ない・・。誤解を恐れずに言うならば、救助隊の命の危険を賭してまで救助しなければならないのかと・・。

亡くなった女性の方のご冥福と、命をかけて救助にあたられた、救助隊員の方のご回復を祈っています。

スポンサーリンク




コメント