和野友哉くんドクターヘリで救急搬送 親子で北海道を旅行中にバイク事故

事故

29日に北海道根室市東梅の国道44号で、和野友哉くんが乗った2人乗りの大型バイクが乗用車に追突しました。父親の和野剛さんと和野友哉くんが重症、乗用車の女性2人がけがを負いました。和野友哉くんドクターヘリで救急搬送され命に別状はありませんでした。親子で北海道をバイク旅行中の事故でした。

スポンサーリンク

事故について

29日午後2時15分ごろ、北海道根室市東梅の国道44号で、2人乗りの大型オートバイが乗用車に追突した。オートバイを運転していた岩手県葛巻町、和野剛さん(57)と、オートバイ後部に乗っていた息子の友哉君(9)の2人が重傷を負い、乗用車の自営業女性(67)=根室市=ら2人も軽いけがをした。

(西日本新聞より引用)

後部座席に乗っていた和野友哉くんが意識不明の状態で、ドクターヘリで救急搬送されました。その後意識が回復して命に別状はないということです。
初期対応が良かったのでしょうね。無事で何よりです。

和野剛さん(57歳)と、友哉くんは(9歳)は岩手県葛巻町から夏休みを利用して北海道にバイクで旅行に来ていました。
せっかくの親子旅行で事故を起こしてしまって、ご家族の方も大変心配だと思います。新学期までに回復できるといいですね。

たまに見かける子供を乗せたバイクを見かけると、子供がしっかりつかまっているか心配になることがあります。
長距離の運転だと親子ともども疲れると思いますので、こまめの休憩も大事ですね。

事故現場

北海道根室市東梅の国道44号

事故が起きた原因は?


事故現場は片側1車線で見通しの良い緩やかな左カーブです。
乗用車の女性は、追突される直前

「少しスピードを落とした」

と話しているということです。
車間距離が近かったのでしょうか?

スポンサーリンク

ネットの声

前方の車が札幌ナンバーで事故現場が根室なら観光モードの運転で後ろのバイクは追い越しモードだった可能性もある。
まぁ、車間距離がなかったということだよね。

車通りも少ないので、高速道路のように走ってる人多い。
70キロで走ってたら煽られるよ。

知り合いも、お母さんと2ケツしてて、後ろのお母さんが死んだ、簡単に考えると、事故起きた時に取り返しのつかない事になります、子供乗せてる、親を見ると、何も考えず、乗せて事故起きたらどうするんだと、毎回おもいます

近所を一周とかならわかるけどバイクって運転してると結構疲れるから子供を乗せて長距離はどうかと思う。

普通に走行していて追突するはずがないのだが・・。
前を走る女性ドライバーか・・。
バイクは車と同じようには止まれないのだ。早い回復を祈ります。

スポンサーリンク

コメント