中尾翔太 生い立ちや胃がんの闘病生活を支えた人々

芸能

FANTASTICSメンバーの中尾翔太が6日午前7時23分死去しました。享年22歳でした。中尾翔太は今年3月に「胃がんの治療に専念」のため活動休止を発表していました。中尾翔太の生い立ちや闘病生活を支えた人々について調べました。

スポンサーリンク



中尾翔太 生い立ち

*中尾翔太(なかお しょうた)
*1996年4月23日誕生
*名古屋出身
*FANTASTICSメンバー
*神沢中学校出身
*ダンススクールのEXPG名古屋校出身。
*2014年ダンス甲子園でグランプリを獲得

幼い頃からダンスを始め、姉もダンサーだというウワサもあります。
おなじ名古屋出身での岩田剛典は、中尾翔太が11~12歳のころに既に出会っていたとのことです。
中尾翔太の早くからの活躍ぶりが伺えます。

病名「胃がん」のため活動休止を発表

昨年末から中尾翔太は体調不良が続き、医療機関で精密検査を行いました。
そして「胃がん」と診断されました。
「胃がんの治療に専念するため」今年3月に活動休止を発表。
なかなか受け止めるのが難しい病気です。
それでもファンやメンバーに向けて、精一杯のコメントをしました。

「突然の事で最初は戸惑いましたが、徐々に現実を受け止めこの病気と闘って行こうと決意しました! 1日でも早く治して、またFANTASTICSのメンバーとして活動出来るように、1日1日を全力で頑張りたいと思います!」
(オリコンニュースから引用)

スポンサーリンク



中尾翔太 胃がんの闘病生活を支えた人々 応援動画も

岩田剛典は主演ドラマ『崖っぷちホテル!』のクランクアップ翌日にお見舞いに行ったそう。

「毎週楽しみにしている」

中尾翔太はドラマを楽しみにしていたそうです。
毎回心温まるストーリーが闘病している中尾翔太の心を癒していたのでしょうか?

「生前に翔太君に少しでも出来る事はないかと思い、会いに行かせて頂いた時の闘病中でありながらもとても力強い眼差しと輝きは今も心に刻まれています」

MAKIDAIは回想しています。

「必ず復帰してみんなと一緒にステージで踊る」という希望を胸に、闘病生活のつらい日々に耐えていたのでしょうか?

中尾翔太の母は、息子の闘病生活を支えて最後までたたかいました。

EXILEのリーダーでLDH JAPAN会長のHIROのコメントからその様子がうかがえます。

最後まで
一緒に
闘ってくれていた
翔太のお母さんにも
敬意を表し
翔太の生きた証
翔太の夢や想いを
お母さんの夢として
これからもお母さんの想いを
応援し続け
翔太に喜んでもらいたいと思います。

葬儀やファンに向けたお別れの会について

葬儀は、親族および、LDH所属メンバー、スタッフ関係者のみで執り行われます。
ファンに向けたお別れの会が後日開かれる予定です。

スポンサーリンク



ネットの声

ファンではないしよく知らないけど、やっぱり若い人が病気と向き合って頑張ろうって思っても進行が早いとあっという間でとても悲しい。
お悔やみ申し上げます。

ボーカルオーディションの時から一緒に踊る中尾さんを見ていました。元気だった姿を思い出します。あまりにも早すぎメンバーもショックだと思います。
復帰が叶わずとても残念です。
ご冥福を心からお祈り致します。

今知った。驚いている。
昨日の「MUSIC DAY」に出演していたメンバーはどんな思いだったのだろうか。

グループ結成が決まった矢先に闘病生活となり、
幼い頃から夢を叶えるために頑張ってきただろうに、これはあまりにも残念です。
ご冥福をお祈りします。

コメント