奈良東病院 医療事故で患者死亡 ミスした看護師3人の処遇は?

事件

奈良東病院で2016年8月に医療事故で当時80代の男性患者が死亡していたことがわかりました。看護師3人が酸素吸入チューブの接続方法をミスしたことが原因です。看護師の処遇やなぜ2年前の事故が今になって判明したのか調査しました。

スポンサーリンク

事件の概要


高齢者医療・介護が専門の奈良東病院(奈良県天理市)で平成28年8月、看護師らが80代の男性患者を入浴させる際に、酸素吸入チューブの接続方法を誤った結果、容体が急変し、死亡していたことが16日、同病院への取材で分かった。病院側は医療事故として遺族に説明し、すでに再発防止策も講じたという。

 病院によると、男性は誤嚥(ごえん)性肺炎を繰り返すようになり、気道確保のために鼻からチューブを入れる措置を取っていた。

 当時病院に勤務していた30~50代の女性看護師3人が、医師の判断を仰がずに男性に酸素吸入チューブを接続。本来は男性と酸素ボンベとの間に「T字コネクター」と呼ばれる器具を装着すべきだったが怠ったため、酸素ボンベから空気が一方的に男性に流れ込み、排気ができずに呼吸困難になったという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000564-san-soci
(産経新聞より引用)

事件現場

〒632-0001 奈良県天理市中之庄町470
奈良東病院

なぜ2年前の医療事故が今になって判明したのか?

16日、同病院への取材で分かった。病院側は医療事故として遺族に説明し、すでに再発防止策も講じたという。

この文章からは事件は解決しているような印象を受けます。
なぜ2年前の医療事故を取材していたのでしょうか?

「病院側は医療事故として遺族に説明」

とありますが、遺族が納得しているかは不明です。
おそらく何らかの問題があるから取材していたのではないでしょうか?

今のところ取材していた理由等は発表されていません。
判明いたしましたら追記させていただきます。

ミスした看護師3人の処遇は?

看護師3人の処遇について調査しましたが、こちらも現在公表されていませんでした。

看護師の民事責任について詳しい記事がありました。損害賠償請求となった場合は看護師は必ずしも被告になるとは限らないようです。

看護師が医療事故を起こした場合、医療機関に対して損害賠償請求などの民事責任が問われる場合がありますが、看護師は必ずしも被告になるとは限らないというものです。その理由は、被害者となる患者が責任の所在を「看護師」ではなく「病院」または「医師」のみにして訴訟を起こすことが可能なためです。
https://yourbengo.jp/iryou/3/
(あなたの弁護士から引用)

スポンサーリンク

ネットの声

3人も看護師がいたのに一人も気づかなかったところが問題。
医療事故で殺されるのだけは勘弁して欲しい。

周りのスタッフもそんな患者を風呂に入れることに関心をもつべき。3人だけのせいではない。

人一人殺して、再発防止策を講じたから何?問題意識が希薄すぎ。

まとめ

夜勤や長時間労働など日々の仕事に追われて看護師はチェックを怠る状況に陥る可能性はないとはいいきれないと思います。
しかし今一度振り返っていただきたい。

筆者の親は医療事故で亡くなりましした。
80代の高齢でしたが、年齢は関係ありません。無念で悲しいことには変わりありません。

どんなに苦しかったか、どんなに不安だったか、信頼して預けた命を軽く扱われたショックは一生忘れません。

民事責任に問われなければいいなどと思わないでほしいと思います。

スポンサーリンク

コメント