大阪地震 命より校則 生徒のスマホ没収 安否確認の着信が原因

ニュース

親から来た安全確認の電話が原因

大阪北部地震により家族との連絡用にスマホ・携帯電話を学校に持ち込み、教師に没収される出来事が相次いでいる。
奈良県のとある学校の生徒は、見回り中の体育教師にスマホを没収されたことを告白した。

「地震が昨日あったから親に持ってけ言われてる言うたら、学校に規則に反するって言われたから、非常時の親との連絡とか自分の命より、ルールが大事ですか?
 って反論しても学校のルールや言われて終わりました」

家族や親しい友人の安否の確認ができないし
連絡も取れないようです。

地震速報を受け取れない

スマホの持ち込みができても、着信音で没収されることもあるようです。

*緊急地震速報が鳴らないようにしている
*電源そのものを切っている

緊急地震速報は鳴らないと意味がなく、
今後さらに大きな地震が来た時の警報が受け取れませんよね。

先生方にとって大切なものは校則ですか?


スマホを没収した教師はあくまで自分の職務を果たしただけであるので、
校則にフォーカスするべきでだと思います。

今回の地震を機会に校則の変革を求める声が相次いでいる。

ネットの声

うちの高校、スマホの電源切ってカバンに入れとけって言われるんだけど、緊急地震速報の音が鳴ってもスマホ没収されて、あんまり酷いと謹慎とか余裕であるからさ、もう電源切る前に緊急地震速報の通知自体切ってるから、なんかあってもわからんのよね。

今日結構な揺れの地震だったけど誰のスマホからもアラーム鳴らなかったんだよね笑
校門入る前に電源切るって校則みんな守ってた笑

息子の中学、「スマホ禁止」だが皆、持って来てる。学校は積極的にチェックしないが見つけたら没収。今回の地震でスマホの利便性をあらためて痛感。学校側も意地を張らずに「スマホ使用は個人の良識に任せる」として下さい。日本では「遊泳禁止」、米では “Swim at your own risk.”

校則とは生徒を守るもの。
その校則が生徒を殺すならば校則じゃない。

校則でスマホ禁止だから公衆電話で連絡しようとしても約半分は不調だし、取れても綿密に連絡できない。
スマホの所持は自分の命を守ること。これを機に校則の本質を見抜けない学校は考え直すべきだ。

コメント