菅井きん死去 死因は心不全で享年92歳 若い頃は?

芸能

女優の菅井きんさんが10日に死去しました。死因は心不全で自宅で家族に見守られて亡くなったそうです。享年92歳。菅井きんさんといえば「必殺仕事人」シリーズですが、若い頃のエピソードについて調査しました。

スポンサーリンク

菅井きんさんプロフィール

*本名 佐藤キミ子
*1926年2月26日 東京都新宿区出身
*頌栄高等女学校卒業
*文部省や東京帝国大学で事務職員
*劇団俳優座に入団
*代表作
必殺シリーズ
太陽にほえろ!
家なき子
他多数

個人的に「トリック」の「母之泉」霧島澄子が印象的でした。
水をひたすら飲む教団ね教祖役。
「母」のイメージが強い方だなと思います。
数々の名作を支えてこられた名女優、菅井きんさんのご冥福をお祈りいたします。

菅井きんさんの若い頃のエピソード

東京帝国大学で事務職員として勤めていた菅井きんさんは演劇への情熱が捨てられず、父親に相談。

「東大の事務職員を辞めて、本格的に女優になりたい」
「女優とは美しい女性がなるものだ」

父親に反対されたそうです。
女性としては悲しいエピソードですね。

必殺シリーズで「ムコ殿!」といびる姑・中村せん役があまりに有名になり、

「せん役のイメージのせいで、娘の縁談に支障が出る」

と降板を願い出たほどだそうです。

出世作なのに、またまた微妙ですね。
それほど強烈な印象のハマり役だったということです。
その後娘さんは無事に結婚され、菅井きんさんもご存知の通りシリーズに出演されました。

今ではひ孫もいる菅井きんさん。
最後は自宅で家族に看取られたとのことです。

スポンサーリンク

ネットの声

存在感のある方でした。
物心ついた時にはお婆ちゃん役でしたが、しばらく見なかった今でも声を思い出せるほど記憶に染み付いていたんだと実感しました。
御冥福をお祈りします。

長きに渡りお疲れ様でした。子供の頃より画面を通して観させて頂いておりました。ごゆっくりなされて下さい

ムコ殿、ってセリフが未だに浮かびます。
ムコ殿はもうそちらにいますよね。会えたらいいね。
ご冥福をお祈りします。

名女優だったなぁ。主役は少なかったけど、主役を輝かせられることのできる女優は少ない。御冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

コメント