田無小学校に銃砲や刀剣が埋められた理由や処分の行方は?旧日本軍2900点

事件

西東京市田無町の田無小学校の敷地から旧日本軍のものとみられる銃砲や刀剣など約2900点が見つかりました。田無小学校は現在工事中で地中に埋められていたのを業者が発見。小学校に銃砲や刀剣が埋められた理由や処分の行方を調査しました。

スポンサーリンク

発見現場

東京都西東京市田無町4-5-21 田無小学校

スポンサーリンク

ネットの声

この時期に見つかるのも
何かあるのかも。
日本刀などは処分する時に
御線香の一本も上げてくれたらなぁ。

国民學校でも軍事教練があって旧式銃があったワケで、終戦時に学校敷地とかに埋めて廃棄してあったとしても、なんら不思議じゃないかと。

歴史的価値もあるんじゃないの?廃棄処分は勿体ないと思う。安全を確認したら、資料館等で展示すれば良い。

いわゆる「本土決戦」に備えるために保管されていたんでしょうか。歴史的価値のある発見だと思います。

コメント