手作り遊具横転 9歳男児死亡 ミニだんじり 大阪岸和田

ニュース

父親(37歳)の手作りした遊具で、父親と兄弟で遊んでいた小学生男児が
死亡しました。
父親がリヤカーのように手で引いて遊んでいたところ、
男児は突然横転した遊具に挟まれ、胸を強く打った。
手作り遊具は台車を改造した高さが約135センチだったといいます。
だんじりごっこして遊んでいたようです。

死亡した男児
名前:岡野創太君
年齢:9歳
住所:大阪府岸和田市南上町2丁目

男児の父親
名前:岡野
年齢:37歳
職業:自営業
住所:大阪府岸和田市南上町2丁目


スポンサーリンク




遊具画像

現場

大阪府岸和田市南上町2丁目

事件の経緯

21日午後6時ごろ、大阪府岸和田市南上町2丁目の路上で、
近くの小学生岡野創太君(9)が横転した遊具に挟まれ、
胸を強く打つなどして病院で死亡。
遊具の大きさは高さ約135センチで長さ約120センチ、
幅約70センチだったという。

だんじりとは

だんじりとは、お祭りなどに使われる山車のことです。
屋根が付いた屋台と呼ばれるものの下に車輪を付けて、
中に笛や太鼓などの囃子方と呼ばれる人を乗せ、お囃子をしながら、
曳いたり担いだりして練り歩きます。
岸和田のだんじり祭は勇壮さで知られており
毎年9月に開催されています。

ネットの声

お父さんの愛情が、子供さんを死に至らしめる結果になった事は痛恨の極みです。

この事故や親が車で気付かなくて我が子を轢いてしまう事故など親御さんになんて声かけていいものか…

スポンサーリンク




コメント