矢部太郎の大家さん死去 漫画「大家さんと僕」大家さんと過ごした日々の思い出

芸能

カラテカ矢部太郎さんの漫画「大家さんと僕」の大家さん死去しました。矢部太郎さんがツイッターで報告し、多くのファンから大家さんの死を惜しむメーッセージが寄せられています。矢部太郎さんの大家さんと過ごした日々の思い出についてのコメントや大家さんについて調査しました。

スポンサーリンク

大家さんプロフィール

*87歳(2018年2月8日当時)
*東京都出身
*離婚のご経験あり
*好きなもの
伊勢丹
NHK
羽生結弦
マッカーサー
*とても上品な物腰
*挨拶は「ごきげんよう」

たまに連載を読んで、驚いたり和んだりしました。
ご近所に住んでいた上品なおばあさんのことを思い出し
切なくなりました。
ご冥福をお祈りいたします。

矢部太郎の大家さんと過ごした日々の思い出

矢部太郎さんは23日に自身のツイッターで大家さんの訃報を報告しました。
下記が発表された内容です。
「大切な人たちは戦争に取られたくない」
という一文がとても印象に残りました。

『大家さんと僕』の読者のみなさまへご報告があります。

『大家さんと僕』というマンガのすべてであった大家さんがお亡くなりになりました。
もっと話したかったし、聞きたいこともたくさんありました。
お見送りをしたいまは大家さんと過ごした日々を思い出しながら、ただただご冥福をお祈りするばかりです。

大家さんは8月が一番好きだと言っていました。理由は戦争の番組をたくさんやってくれるから。そして、大切な人たちは戦争に取られたくないともおっしゃっていました。
僕にとっても8月は特別な月になりました。

最後に、本来なら公にする必要のない一般の方である「大家さん」の訃報を、僕の都合でこうして公表することをご理解下さったご親族の皆さまに、感謝いたします。 
(矢部太郎 カラテカツイッターより引用)

スポンサーリンク

ネットの声

大家さんが亡くなっても、読者の記憶に残って生きている。
受賞の時は元気だった?んですね。
大家さんとの生活は矢部さんにとっても良かったですね。
合掌。

大家さん、最期までずっと会話ができたり普通に過ごされていたのかな?
晩年店子さんにも恵まれて、行きたい旅行もできて幸せな人生だったと思うし、ある意味羨ましい。
矢部さんの成功見届けて安心して旅立たれたと思う。
御冥福をお祈りします。

天国にも伊勢丹のようなデパートがあるといいですね。
空の上でも好きなショッピングをして、お茶やランチを楽しんで。
大家さんは素敵な方なので、天国でもすぐお友達ができるでしょう。
大家さん、矢部さんと二人三脚で楽しい漫画をありがとうございました。
どうぞ安らかに。。。

まさか晩年、大家さんとして有名になるとは思っておられなかったでしょうね。

スポンサーリンク

コメント